Francfranc ONLINE SHOP (フランフラン オンライン ショップ)【PC・携帯共通】

今週のバスグッズ人気ランキング!【楽天市場】
⇒⇒見るだけでも楽しくなるFrancfranc




マツコの知らない世界に店長が登場!

お風呂は3日に一度で十分?紫外線に強い肌を作る入浴法


肌のシミ・しわ・皮膚がんを予防
紫外線に強い肌を作る入浴法

たけしのみんなの家庭の医学より
2016.7.26


紫外線を浴びると肌が赤く変化するのは
肌のDNAが傷ついている証拠。

そうとも知らず紫外線を浴び続けると
シミはもちろん皮膚がんができやすいと言われています。

紫外線の影響を受けやすい肌タイプの人が
紫外線に強い肌に変われる方法があります。
それは「お風呂

「お風呂と健康」について研究する温浴療法の名医
国際医療福祉大学大学院の前田眞治先生によると

お風呂に入るだけで
紫外線に強い肌に変えられるということです。

お風呂に入って体温を上げると
ヒートショックプロテインというたんぱく質が増えて
紫外線によって細胞が傷つくのを防いだり
傷ついた細胞を修復する働きがあることがわかってきました。

ヒート=熱
ショック=衝撃
プロテイン=たんぱく質

ヒートショックプロテインとは
熱刺激によって体内で増加するたんぱく質のこと。

通常、細菌感染などで細胞に傷がついたとき
ヒートショックプロテインが増加し、
傷を修復する働きをします。

近年の研究で
ヒートショックプロテインをより増加させることで
傷ついた細胞の修復力が高まり
紫外線に強い肌に変わる可能性があることがわかってきました。

ヒートショックプロテインを増加させる簡単な方法は
3日に一度のお風呂・他の日はシャワー
という入浴法です。

入浴は3日に1度だけで十分!
3日に一度だけ湯船に浸かればOK〜

そのしくみは?
3日に一度でいい理由は??

毎日お風呂に入ると
身体が熱刺激に慣れてしまい
ヒートショックプロテインが増えづらくなります。

ヒートショックプロテインは刺激を受けると
段々量が上がってきて
2日目にピークを迎え最も働くようになります。
そして3日目から緩やかに減少しはじめ
1週間で元の量に戻ってしまいます。

下がり始める3日目のタイミングで
再びお風呂に入り熱刺激を与えることで
ヒートショックプロテインの減少に歯止めをかけることができ
体内に常にヒートショックプロテインがたっぷりある状態を
保ち続けることができるのです。

ヒートショックプロテインを増やす入浴法
3日に一度のお風呂・他の日はシャワー

何度のお湯にどれくらいの時間入れば良いかというと
41度のお風呂に15分

この入浴法を2週間続ければ
紫外線に弱い肌の方でも
シミなどが出来にくい紫外線に強い肌に変わる可能性があるということです。

41度で15分は暑い夏には結構大変。
脱水を避けるためお水を飲んで水分補給しながら
途中で湯船から出て休憩をはさみながらでOK。
ゆっくりのんびり実践しましょう

そしてシャワーにもコツが。
3日に一度の合間のシャワーの温度設定は37度に。
少しぬるめに設定することで
41度のお湯に慣れるのを防ぎ熱刺激の効率を保つことができそうです。

最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学(2) [ テレビ朝日 ]

まとめ
3日に一度41度のお風呂に大体15分浸かり
他の日は37度のシャワー

これを2週間

私は日焼け止め対策をしてもすぐに焼けてしまうので
早速実践してみたいと思います!


関連記事
シミとシワが消える?美肌入浴法が超簡単〜HSPがカギ!
夜間頻尿の新原因は○○の摂り過ぎ!【たけしの家庭の医学】
あせもに効く入浴剤は?お風呂で予防対策♪


ブログランキング
ランキング参加中
ポチっと1クリックお願いいたします♪



posted by フランフランが好き♪ at | お風呂の効果・入浴法 | 更新情報をチェックする

ベルメゾンネット
ベルメゾンネット

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。